かだい
架台

『架台』は、鏡筒を載せるための台です。
カメラの三脚と同じように、上下・左右に動かすことが出来るものを『経緯台』と呼びます。
また、地球の自転(日周運動)に合わせて動かすことの出来るものを『赤道儀』と呼びます。



ビクセン GP赤道儀
ビクセンGP赤道儀の写真
スペック
分類
購入日


:赤道儀
:1990年代前半

スカイセンサー2000PCを装備。
これを使うと、曲軸合わせ(回転軸を北極星に合わせること)を行わなくても日周運動を追いかけることが出来る。
また、星の名前や番号を選択すること、その方向に自動的に望遠鏡を向けることが出来る。

 中学生のとき、天体写真が撮りたくなったので購入。当時は、財布的に辛かった覚えがあります。
 望遠鏡で星を見ていると、時間と共に視野から逃げていってしまいます。これは地球が自転しているためです。しかし、逃げていく星と同じ方向に、地球と同じ速度で望遠鏡を動かしてあげれば、常に視野に置くことが出来ます。
 この作業を行うための架台が赤道儀です。



タカハシ スカイパトロールII
タカハシ スカイパトロールIIの写真
スペック
分類
購入日


:ポータブル赤道儀
:2002年
タカハシロゴ
高価、高品質、高級ブランドイメージ! …のタカハシによるポータブル赤道儀です。
直営ショップの店員さんも言っていましたが、タカハシとしても異色の存在なようです。
適当な箱にしまった写真
 今年(2002年)夏に予定している海外遠征(旅行)用に購入。
 2001年9月11日の一件以来、空港のチェックはかなり厳重なようです。。なので大型の機器運搬は断念。小型の赤道儀を持っていくことにしました。
 右の写真は、その赤道儀を箱にしまったところ。上にセロハンテープを置いてみたが、非常に小さいことが分かると思います。
ギッチリと詰まってます そしてその箱を開けた写真。ギッチリと詰まっています。
 で、この中身を組み立てると、上の写真のようなドイツ式赤道儀になるのです。
カメラ三脚に乗せてみました
 ちなみにもっと小さく組み立てることも出来ます。それが右の写真です。
 この写真では、カメラ三脚に乗せてみました。