2002/08/23

現地時間
GMT-10
イベント 移動手段
06:20 起床
06:45 朝食
08:40 Hiloに向けて出発
11:00 ボルケーノ・ビジターセンター到着
ボルケーノ・ビジターセンター
これから、下の写真にあるコースを回る。
コース地図
11:30 まず最初のポイント。Halema`uma`uクレータを遠くから眺める。
ハレマウマウを遠くから…
ここには地震計が設置してあり、その針は常に振動している。
地震計

これから、クレータの淵に向かいます。
11:50 先ほどのクレータを淵から眺めている人を眺めたところ。
クレータの淵
(おまけ)火山性の灰(?)に物を落とすと、粉だらけ…
粉だらけ
13:00 そのまま走りつづけたら…。おっとDEAD END(行き止まり)だ。
DEAD END
写真のとおり舗装道路があったんだけど、溶岩流によって塞がれてしまった。
溶岩の上をちょっと歩くと…
駐車禁止?
かつて道路だった形跡が…
ここから道路(だった場所)に沿って3時間ほど歩くと、今でも溶岩が流れている場所にたどり着く。
最初は『歩こうかなぁ』などと思っていたが、溶岩が太陽の熱を吸収・反射して、とても暑い/熱い。
ウォークは断念して、火山の方向に目を凝らした。すると…
流れる溶岩
まさに、溶岩が流れているところが見える。(黒く見えるのは雲で陰っているから)
表面の大部分は固まっているが、一部に亀裂が出来て溶岩が流れ出ている。
つまりこの壁の裏には、まだまだ熱い溶岩が隠れている…ということだ。

延々と続く溶岩の上を歩く人々。こんな道が3時間も…(しかも片道)
溶岩の上を歩く人々
??:?? ちなみに、レンタカーの写真。
レンタカー
14:50 某シーニングポイントにて…

ハワイは、過去何度も津波に襲われている。津波ということばも『TSUNAMI』として英語になっている。
津波
16:00頃 制限速度55MPH(90Km/h)でぶっ飛ばしながら、大雨に見舞われる。
大雨→ワイパーを高速に→ワイパーが邪魔→雨粒も邪魔→雲だか霧だかわけわからん。
前が見えない
17:00頃 その後Hiloに到着。宿は、いわゆる民宿に決定。
19:30頃 宿の人にSeaSideという店を教わり、そこで夕食をとる。
21:00頃 ちょっと遅いが、Hiloの街を探索。
23:00頃 部屋に電話が無いため、本日の更新は無し。
寝る…

どうも、カメラを右に傾けて持つクセがあるようだ…。だから写真が左下がりになってる。